禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。病院のサポートを受けながら、禁煙を続けてみませんか? 禁煙外来では、医師が、あなたの喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方、治療の経過を見守り、禁煙中の症状(離脱症状)が起こっても、診察で相談できるので、うまく続けていくことができると言われております。

条件

・ただちに禁煙をしようと考えている方
・禁煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方(35歳以上の方)
ニコチン依存症スクリーニングテストで該当項目が5個以上の方
・ 禁煙治療を受けることに文章で同意される方
※妊娠、授乳中・精神疾患薬服薬中の方は実施できない場合がございます

スケジュール

基本的に全5回、12週間かけて治療していきます


































 
  • 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くたばこを吸ってしまうことがありましたか?
  • 禁煙や本数を減らそうと試みて出来なかったことがありましたか?
  • 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、たばこが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか?
  • 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか?(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、憂鬱、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
  • 上の症状を消すために、またたばこを吸い始めることがありましたか?
  • 重い病気にかかって、たばこがよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
  • たばこのために健康問題が起きていることがわかっていても吸うことがありましたか?
  • たばこのために精神問題が起きていることがわかっていても吸うことがありましたか?
  • 自分はたばこに依存していると感じることがありましたか?
  • たばこが吸えないような仕事や付き合いを避けることが何度かありましたか?